「犬と喧嘩するのにわざわざ四つん這いになる奴はいない」という表現は色々と応用が効きそうだと思った。
Twitter / shibata616 (via currentdir)

(kazoo04から)

3ヶ月前に投稿されました. リアクションが1,723件あります.
Why are so many college dropouts successful in their life? - Because only success stories are printed, not failure stories.
Why are so many college dropouts successful in their life?
3ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります.
人の談話を聞いて正当にこれを伝えるという事は、それが精密な科学上の定理や方則でない限り、厳密に云えばほとんど不可能なほど困難な事である。たとえ言葉だけは精密に書き留めても、その時の顔の表情や声のニュアンスは全然失われてしまう。それだからある人の云った事を、その外形だけ正しく伝えることによって、話した本人を他人の前に陥れることも揚げることも勝手に出来る。これは無責任ないし悪意あるゴシップによって日常行われている現象である。
アインシュタインの教育観
3ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります.
人は正義を行っていると確信しているときに、最も邪悪な行動を平然と行うことができる
DHMOに反対しよう
4ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります.

He Wishes for the Cloths of Heaven

He Wishes for the Cloths of Heaven

Had I the heaven’s embroidered cloths,
Enwrought with golden and silver light,
The blue and the dim and the dark cloths
Of night and light and the half-light,

I would spread the cloths under your feet:
But I, being poor, have only my dreams;
I have spread my dreams under your feet;
Tread softly because you tread on my dreams.

William Butler Yeats

空の布

もしも私が、
金と銀との光で刺繍された、空の布を持っていたなら、
夜空と、青空と、薄明とを表す、
青く、朧な、黒い布を持っていたなら、

私はそれを、貴女の足元に広げましょう。
でも、貧しい私には、夢しか持ち合わせがないので、
その代わりに、私の夢を広げました。
優しく歩んで下さい。貴女は私の夢の上にいるのですから。

ウィリアム・バトラー・イェイツ

He Wishes for the Cloths of Heaven より引用

5ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります.
What are some good jokes about religion?

What are some good jokes about religion?

5ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります. .
「趣味を仕事にしてはいけない」というのは誤解で、「受信して楽しむ人が、発信者側に回って楽しめるとは限らない」というのが正解だと思う
Twitter / Aoba: 「趣味を仕事にしてはいけない」というのは誤解で、「受 … (via n-enot) (via mechiko) (via jinakanishi) (via akiba) (via gkojax)
2009-06-25 (via gkojay) (via jinakanishi) (via petapeta) (via yaruo) (via motomocomo)
5ヶ月前に投稿されました. リアクションが3,570件あります.

何かを『オリジナル』と呼ぶやつは、十中八九、元ネタを知らないだけなんだ。

――ジョナサン・レセム

『新世界より』と物語の基本形
6ヶ月前に投稿されました. リアクションが0件あります.

競技場に立つ人

The Man in the Arena

It is not the critic who counts; not the man who points out how the strong man stumbles, or where the doer of deeds could have done them better. The credit belongs to the man who is actually in the arena, whose face is marred by dust and sweat and blood; who strives valiantly; who errs, who comes short again and again, because there is no effort without error and shortcoming; but who does actually strive to do the deeds; who knows great enthusiasms, the great devotions; who spends himself in a worthy cause; who at the best knows in the end the triumph of high achievement, and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly, so that his place shall never be with those cold and timid souls who neither know victory nor defeat.

競技場に立つ人

批評するだけの人に価値はない。あの屈強な人はどのように失敗したのかとか、あの実行家はどこそこでもっと上手くやれた筈だとか、そのようなことを指摘するだけの人に価値は無いのだ。名誉は、実際に競技場に立った人にこそ与えられる。埃と汗と血とで顔を汚し、果敢に立ち向った人こそが価値ある人である。そのような人は、何度も何度も誤り、失敗する。なぜなら、間違いや失敗なくして、努力などというものは存在し得ないからである。例え失敗したとしても、その人は、偉業を為し遂げようと、実際に努力したのである。その人は、真の情熱と献身とを知っており、立派な志のために、自身を磨り減らすのだ。このような人は、良ければ最終的に大きな偉業を勝ち取るということを経験するし、悪くて失敗したとしても、それは少なくとも果敢に挑んだ結果である。それ故、彼は、勝利も敗北も経験したことのない、無味乾燥で臆病な者たちとは、決して同じでは無いのだ。

THE MAN IN THE ARENAより引用

6ヶ月前に投稿されました. リアクションが2件あります.
良いよね,好きな仕事につけてる奴は。え?そんなやつ少数だって?でも好きになってる人もいるでしょ。問題は俺が今の仕事になんの価値も見いだせないってことだ。だって,他人の給与の計算とか休暇の管理なんてつまんなくない?ローテーションまで待てって?知ってる限り次もそんなんばっかだぜ?じゃあなんで公務員になったのさ。いや,社会に役に立つとか,市民との触れ合いかとかで満足感が…ねーよ。ちょっと就活の時は熱っぽくなってた。冷静に見たらやってる仕事の大半は仕事のための仕事だし。市民もアレな人ばっかりだし(そもそも普通の人って役所あまり利用しないよね)。リアルにサボってる職員多いし。市民からは感謝よりクレームが多いし。これでやりがいなんて持てる?サボってる職員は首にしろよ,老害てめぇだよ!勤務中に抜け出すなよ!仕事のための仕事は税金の無駄だろ!合理化しろよ!IT化しろよ!女は服装舐めすぎなんだよ!研修で仕事の目的はって聞かれて金のためって答えるのやめろよ!こんな雀の涙でお前は満足なのかよ!しかも残業多すぎて自分の時間もねぇよ!でもそれなのに真面目にやってる奴はいる。俺がつまんないと思っている仕事も熱心にやってる奴はいる。大抵そういう奴は大学まで野球やってましたとか体育会系。本当にクソ真面目に仕事してる。ああ,こういう奴がクソ真面目に出世して役に立つんだろうなぁ…と。そりゃ体育会系重宝されるよね。俺氏も見習えば?って,そうだよね。その通りだよ。コピー取り一つでもプロを目指せってね。そういう奴が仕事を貰って……楽しい?一生コピー取りの延長してんの?コピー取りでも一生懸命なんて吹聴してるの,誰だよ。俺は無理だよ。雀の涙のために働いてます!って言う同期とか,難しいことわかんねぇのが格好良いと思ってる中学生並みの先輩とか,男に色目使うのが生きがいみたいな女とか,仕事は人間関係が全てっていう上司とか。仕事サボって笑ってる団塊の老害とか。ここで出世することにも価値を見いだせないよ。ならコピー取りする意味もないし,でも雀の涙だけじゃつまんないし。家族作ればお前も変わるよ,って?変わんねぇよボケ!あと10年は絶対結婚しねぇよ。俺は何でも拘る人間なんだよ,仕事もできないくせに偉そうにって?体育会系の一部になれよって?…それはさすがに二十云年生きてきて無理だって分かってるんだよ。集団の一部になることがどれほど辛くて惨めか,価値の見いだせない穴掘りに今後の人生かけられるか?拘って生きたいって足掻いてる奴がこの世に沢山いるから高学歴ワープアとか,◯◯くずれとか,夢破れてって物語があるんだろ?俺からしたら今の職場は死んでるよ。
バイオから文系公務員に行った俺が後悔と反省と愚痴を記す
6ヶ月前に投稿されました. リアクションが1件あります.