競技場に立つ人

The Man in the Arena

It is not the critic who counts; not the man who points out how the strong man stumbles, or where the doer of deeds could have done them better. The credit belongs to the man who is actually in the arena, whose face is marred by dust and sweat and blood; who strives valiantly; who errs, who comes short again and again, because there is no effort without error and shortcoming; but who does actually strive to do the deeds; who knows great enthusiasms, the great devotions; who spends himself in a worthy cause; who at the best knows in the end the triumph of high achievement, and who at the worst, if he fails, at least fails while daring greatly, so that his place shall never be with those cold and timid souls who neither know victory nor defeat.

競技場に立つ人

批評するだけの人に価値はない。あの屈強な人はどのように失敗したのかとか、あの実行家はどこそこでもっと上手くやれた筈だとか、そのようなことを指摘するだけの人に価値は無いのだ。名誉は、実際に競技場に立った人にこそ与えられる。埃と汗と血とで顔を汚し、果敢に立ち向った人こそが価値ある人である。そのような人は、何度も何度も誤り、失敗する。なぜなら、間違いや失敗なくして、努力などというものは存在し得ないからである。例え失敗したとしても、その人は、偉業を為し遂げようと、実際に努力したのである。その人は、真の情熱と献身とを知っており、立派な志のために、自身を磨り減らすのだ。このような人は、良ければ最終的に大きな偉業を勝ち取るということを経験するし、悪くて失敗したとしても、それは少なくとも果敢に挑んだ結果である。それ故、彼は、勝利も敗北も経験したことのない、無味乾燥で臆病な者たちとは、決して同じでは無いのだ。

THE MAN IN THE ARENAより引用

6ヶ月前に投稿されました. リアクションが2件あります.
  1. ryudvicchart-linuxからリブログしました
  2. chart-linuxの投稿です